講座案内

最新の耐震工学に基づくINDIの通信講座

構造設計一級建築士コース

『構造設計一級建築士試験』では、建築基準法に定められた建物の構造計算に関する基本的な実務能力が問われます。

従来は、仕様規定型設計法に関する出題が 中心でしたが、近年は、性能設計法及び応答スペクトルを用いた動的設計法の理解が求められます。1981年の『新耐震』で採用された振動特性係数Rtは静的設計法であるのに対し、Rtと同じ概念である加速度応答スペクトルは動的設計法であり、その本質はまったく異なります。これらの考え方について計算書作成を通して学びます。

『構造一級コース』は実務の習得と資格の取得を目指すコースです。

①基礎講座

⑥RC造Ⅲ/S造Ⅲ

⑪鉄骨鉄筋コンクリート造
(SRC)

②RC造Ⅰ/S造Ⅰ

⑦耐震性能スピード計算法

(保有水平耐力計算法 / 限界耐力計算法 / 限界状態設計法)

⑫時刻歴応答解析

③RC造Ⅱ/S造Ⅱ

⑧耐震チェックMyノート

(耐震診断)

⑬エネルギー法

④木造Ⅰ/木造Ⅱ

⑨壁式鉄筋コンクリート造

⑭実務に必要な構力と構造設計
(500ページ)

⑤保有水平耐力

⑩擁壁・抗基礎

⑮建築構造読本

構造計算実務コース

『構造計算実務コース』は、構造計算実務における構造計算書作成を手計算で学ぶコースです。

レベルⅠ(初級)コース

許容応力度等計算

平屋、2階建ての小規模な建物について、許容応力度設計法を用いて構造計算書を作成します。

①基礎講座

②RC造Ⅰ/S造Ⅰ

③RC造Ⅱ/S造Ⅱ

④木造Ⅰ/木造Ⅱ

⑤保有水平耐力

レベルⅡコース

限界耐力計算含む

レベルⅠに加えて、RC造5スパン3階建てとS造3スパン5階建ての詳細計算法を用いた実務レベルとなります。

①基礎講座

②RC造Ⅰ/S造Ⅰ

③RC造Ⅱ/S造Ⅱ

④木造Ⅰ/木造Ⅱ

⑤保有水平耐力

⑥RC造Ⅲ/S造Ⅲ

レベルⅢコース

限界状態設計法含む
限界耐力計算、限界状態設計法及び抗基礎(RC抗・鋼抗・場所打抗)等も含めた構造計算書作成となります。

①基礎講座

②RC造Ⅰ/S造Ⅰ

③RC造Ⅱ/S造Ⅱ

④木造Ⅰ/木造Ⅱ

⑤保有水平耐力

⑥RC造Ⅲ/S造Ⅲ

⑦耐震性能スピード計算法

⑧耐震チェックMyノート

⑨壁式鉄筋コンクリート造

⑩擁壁・抗基礎

合宿セミナー

『5日間合宿セミナー』は、構造計算書を講師が直接解説するライブ講義です。構造計算書の作成の基本を学びます。

「限界状態設計法」はオプションになります。

東京・大阪・福岡で開催(団体)、個人参加は福岡のみ

資料請求・お問合わせ